産経ニュース

【主張】北ミサイル メトロ停止は過剰対応か

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
北ミサイル メトロ停止は過剰対応か

 北朝鮮が弾道ミサイルを発射した4月29日朝、東京メトロは全路線で約10分間、運転を見合わせた。約1万3千人の足に影響が出たとされるが、大きな混乱はなかった。北陸新幹線も一部区間で運転を見合わせた。

 これに対し、韓国や国内の一部から「過剰対応ではないか」と批判の声があがっている。

 果たして、そうか。

 判断は民間事業者が顧客の安全を考慮したものであり、批判は当たらない。恐れるべきは、こうした言説への安易な同調と、危機に対する慣れである。

 東京メトロによると、ミサイル発射の報道があった場合、運行をいったん見合わせて安全を確認する手順を、4月上旬に決めたばかりだった。

 地上より地下の方が比較的安全であるという、地下鉄固有の事情もあった。深刻な有事を見据えた訓練としても、運行停止に意義を見いだすことができる。

 韓国の聯合ニュースは「初めての挑発でもなく、北朝鮮国内に落ちただけ」とした上で、「利用客の不便も顧みず運行を中止したことに(日本国内で)不満があふれている」と報じた。日本政府が「戦争の恐怖を醸成することに熱を上げている」とも表現した。

 安倍晋三首相が国会で「北朝鮮は(化学兵器の)サリンをミサイル弾頭に付けて着弾させる能力を、すでに保有している可能性がある」と述べた際にも、主に韓国内から同様の批判があった。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング