産経ニュース

【主張】朴前大統領逮捕 世論が全てを決めるのか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
朴前大統領逮捕 世論が全てを決めるのか

 検察側は、共犯者の多くが逮捕される中で、法の下の公平性も理由に挙げたが、これは本来の逮捕要件ではない。

 各種調査で、逮捕を望む世論は7割に上ったという。その圧力を受けた身柄拘束ではなかったか。法治ではなく、国民感情に揺れた「情治」の判断ではなかったか。およそ冷静な法解釈による逮捕には映らないのだ。

 「世論」の次の標的は、5月9日に行われる大統領選に移ろう。大きな懸念は、国民感情をうかがい、政治家たちが大衆迎合主義的な議論に陥ることである。

 朴政権下での決定を否定し、覆す動きも強まろう。慰安婦問題をめぐる日韓合意の否定もその一つだ。反日姿勢の高揚をあおる選挙戦は受け入れられない。

 何よりも、親北朝鮮政権の誕生が心配である。それは、韓国の未来のみならず、この地域や世界にとっての重大な脅威となろう。

「ニュース」のランキング