産経ニュース

【主張】道徳に初教科書 楽しく普遍的価値を学べ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
道徳に初教科書 楽しく普遍的価値を学べ

 小学校の道徳教科書の検定が初めて行われ、内容が公表された。

 合格した民間8社の教科書をみると、思いやりや公共心、生命の尊さなど人々が暮らす上で欠かせない徳目を、子供たちが考えながら学べるよう工夫されている。

 戦後教育でおざなりにされてきたことである。子供たちの心に迫る授業を展開し、教育再生を図ってほしい。

 検定教科書を使って道徳を教科化することには「国が特定の価値観を押しつける」といった批判がいまだにあるが、的外れだ。

 中央教育審議会の答申でうたわれたように、道徳の授業は「押しつけ」とは対極にある。立場の違いで価値判断が異なるなど、多角的に考える力を養うものだ。

 道徳は教師の指導力の差が大きい。副読本を読んで終わらせるだけの授業も少なくなかった。

 学習指導要領では「正直、誠実」「家族愛」「畏敬の念」など自分自身のほか、社会との関わりや自然、生命の崇高性に関する徳目を挙げ、各学年での指導を分かりやすく示した。

 こうした徳目は普遍的な価値を持つ。自ら考えて議論する教育の「芯」となる。それなのに、戦後の教育に欠けていた。検定はそこを重視し、指導要領に照らして足りない内容があれば修正した。

続きを読む

「ニュース」のランキング