産経ニュース

【宮家邦彦のWorld Watch】まるで毛沢東の「永久革命論」 トランプ政権“黒幕”バノン氏は世界の「ダークサイド」を鼓舞する

ニュース コラム

記事詳細

更新

【宮家邦彦のWorld Watch】
まるで毛沢東の「永久革命論」 トランプ政権“黒幕”バノン氏は世界の「ダークサイド」を鼓舞する

トランプ政権の黒幕ともいわれるバノン首席戦略官 (ロイター) トランプ政権の黒幕ともいわれるバノン首席戦略官 (ロイター)

 日本では「2月13日に北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏らしき人物がクアラルンプールで死亡した」事件につきおびただしい量の未確認情報が流れている。このうち現時点で確認されたのはVXの使用ぐらい。これに対し、筆者の関心は今もトランプ新政権の外交政策だ。この関連では、先週2月23日、ワシントン近郊で重要なイベントが開かれた。トランプ政権の黒幕ともいわれるバノン首席戦略官とプリーバス首席補佐官が米保守系団体の年次総会にそろって出席したからだ。当然、米国中の政治家や政治ジャーナリストが注目した。この2人、巷(ちまた)では「仲が悪く、対立している」と噂されてきた。その両氏が一緒に壇上に登り、笑顔でお互いを称賛し合った。もちろん、不仲説を一蹴するための政治ショーにすぎない。それよりも筆者は2人、特にバノン氏の発言に注目した。

 秘密主義のバノン氏が公の場に出席しインタビューを受けるのは、恐らく初めてではないか。これまでも同氏の考え方については断片的ながら多くの記事が書かれてきた。だが、本人自身が「バノン哲学」をこれほど分かりやすく語ったことはない。キーワードは「脱構築」、英語ではデコンストラクションという。静止的構造が前提のプラトン以来の伝統哲学に対し「常に古い構造を破壊し新たな構造を生成する」と考え、哲学をより動的に捉える20世紀以降の新潮流だ。バノン氏の最新の発言を幾つか紹介しよう。

続きを読む

「ニュース」のランキング