産経ニュース

【主張】人工島のミサイル 「中国の海」にはさせない

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
人工島のミサイル 「中国の海」にはさせない

中国が造成した南シナ海の人工島(ロイター) 中国が造成した南シナ海の人工島(ロイター)

 米海軍は南シナ海で今月18日から、空母カール・ビンソンを中心とする艦隊(第1空母打撃群)による定期哨戒(パトロール)を始めた。航行の自由を守る上で適切な行動である。

 中国は主権侵害だと反発したが、「力による現状変更」をはかっているのは中国である。それに最も効果的に圧力をかけられるのは、米軍の存在である。

 安倍晋三首相とトランプ米大統領は先の首脳会談で、外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の開催で合意した。

 日米の役割分担の見直しでは、南シナ海での新たな連携を打ち出す好機とすべきである。海上自衛隊の艦船、航空機による哨戒活動の将来的な実施は、検討に値するものだ。

 トランプ政権はアジア太平洋での米軍の前方展開を維持する方針だ。それには日本など地域の同盟国、友好国の協力が不可欠だ。

 南シナ海での緊密な日米協力が、東シナ海での尖閣諸島防衛に資することも言うまでもない。

「ニュース」のランキング