産経ニュース

【主張】交通死亡事故減少 厳罰化の成果評価したい

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
交通死亡事故減少 厳罰化の成果評価したい

 厳罰化と犯罪抑止力の関係には多くの議論があるが、飲酒運転に関しては大いに効果があったと評価すべきだろう。これが社会に支持された厳罰化であったことにも留意したい。

 犯罪や違法行為に対する罰則の設定は、いわば国家の意思表示である。安心で公正、公平な社会の構築のため、立法に関わる人々は不断の努力を続けてほしい。

 もちろん、交通死亡事故を減少させた要因は飲酒運転に対する厳罰化だけではない。

 シートベルト着用の義務化やエアバッグなどの安全設備の普及、救急救命技術の進歩なども大いに寄与したはずである。今後の自動運転技術の進歩にも事故軽減の期待がかかる。

 交通死亡事故を減らすため、今後も総力を挙げたい。高齢者の事故防止にも知恵を絞りたい。有効な厳罰化に、躊躇(ちゅうちょ)はいらない。

「ニュース」のランキング