産経ニュース

【石平のChina Watch】習近平政権を襲うトランプ政権という「黒船」 3つの戦い…負ければ政権崩壊も

ニュース コラム

記事詳細

更新

【石平のChina Watch】
習近平政権を襲うトランプ政権という「黒船」 3つの戦い…負ければ政権崩壊も

中国共産党全体会議で発言する習近平国家主席。今年も内憂外患が続く=昨年10月、中国・北京(AP) 中国共産党全体会議で発言する習近平国家主席。今年も内憂外患が続く=昨年10月、中国・北京(AP)

 人事面では、トランプ氏は新設の国家通商会議委員長と米通商代表部代表のそれぞれに、対中強硬派の面々を任命して対中国貿易戦の準備を整えた一方、国防長官のポストには強硬派軍人のマティス元中央軍司令官を起用した。南シナ海での中国の軍事拡大を断固として封じ込める姿勢を示したのである。

 おそらく政権発足直後から、トランプ政権は日米同盟を基軸とする対中包囲網を固めた上で、中国の急所となる台湾問題を外交カードに使い、習政権に強烈な揺さぶりをかけながら、南シナ海問題と米中貿易の両戦線において未曽有の大攻勢をかけていくのであろう。

 一方の習近平政権は、情勢の激変に心の準備も戦略上の布陣もできていないまま、退路のない「背水の陣」を強いられる羽目になっている。

 貿易戦争の展開によって中国の対米貿易が大きく後退すれば、輸出こそが命綱の中国経済は深刻な打撃を受け、既に危険水域にある経済の衰退にさらなる拍車をかけることとなろう。

 そして南シナ海では、今まで「有言不実行」のオバマ政権の生ぬるさを幸いに中国の軍事拡大がやすやすと進んできたが、トランプ政権と米海軍が中国の封じ込めに本気になって当たれば、習政権の拡大戦略は頓挫し立ち往生してしまう可能性も十分にあろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング