産経ニュース

【ポトマック通信】20日の米大統領就任式 トランプ氏の演説は?

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ポトマック通信】
20日の米大統領就任式 トランプ氏の演説は?

 トランプ次期米大統領の就任式が20日に迫った。正式な権力移行はこの日正午からの連邦議事堂前での就任宣誓によってで、オバマ大統領の“離任式”でもある。

 連邦最高裁判所長官の立ち会いの下、憲法の規定に従い、「合衆国大統領の職務を忠実に遂行し、全力を尽くして合衆国憲法を保全、保護、擁護することを厳粛に誓う」と宣誓する。その後に就任演説が行われる。

 就任式は大昔は3月4日だった。それが現在の1月20日になったのは1937年、フランクリン・ルーズベルト大統領の2期目の就任式からだ。

 就任式には数々の逸話もある。第6代のアダムズ大統領は第2代の父親と同様に、大統領選で自分を破った次の大統領の就任式に同席することを潔しとせず、欠席した。

 イランの米大使館員人質事件を抱えたカーター大統領は、人質解放の報を次のレーガン大統領の就任式直前まで待ち続けた。だが、イランはレーガン氏が就任宣誓を終えるのを待って解放した。

 史上最も短い就任演説はというと、ワシントン大統領の2期目の135語、最も長いのは第9代ハリソン大統領の8445語だとされる。さて、トランプ氏の就任式と演説は…。(青木伸行)

関連トピックス

「ニュース」のランキング