産経ニュース

【産経抄】渡辺和子さん死去… 憎しみを花に変えることはできるか? 1月3日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
渡辺和子さん死去… 憎しみを花に変えることはできるか? 1月3日

渡辺和子さん 渡辺和子さん

 220万部を超えるベストセラーになった『置かれた場所で咲きなさい』に、八木重吉の詩が引用されている。〈神のごとくゆるしたい ひとが投(な)ぐるにくしみをむねにあたため 花のようになったらば神のまへにささげたい〉。

 ▼憎しみを花に変えるのが、どれほど困難か。誰よりも痛感しているのが、著者の渡辺和子さん(89)である。元旦の新聞に、ノートルダム清心学園理事長だった渡辺さんの訃報が載っていた。

 ▼昭和11年2月26日早朝、陸軍教育総監だった渡辺錠太郎宅に約30人の兵士が押し入り、教育総監を惨殺した。襲撃の指揮を執ったのは、安田優(ゆたか)少尉ら青年将校である。当時9歳だった次女の和子さんは、一部始終を目撃していた。事件の半年後、将校たちは処刑される。渡辺さんは戦後、シスターとしての道を歩んだ。

 ▼二・二六事件から50年たった61年夏、将校の遺族が営む法要に、修道服姿の渡辺さんの姿があった。反乱軍の汚名を受けた遺族たちの苦しみを知り、出席を決意したという。安田少尉の弟、善三郎さんは、渡辺さんの前で深く頭を下げながら涙をこぼした。以来、家族ぐるみの交流が続いてきた。

続きを読む

「ニュース」のランキング