産経ニュース

【正論】漱石が仰ぐ「立憲君主制」の天皇 国民感情に乗じてはならない 東京大学名誉教授・平川祐弘

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
漱石が仰ぐ「立憲君主制」の天皇 国民感情に乗じてはならない 東京大学名誉教授・平川祐弘

平川祐弘・東京大学名誉教授 平川祐弘・東京大学名誉教授

 ≪念頭になかった作家活動≫

 妻につらく当たりもした漱石だが、一妻主義で優しい面もあった。明治29年6月に鏡子と結婚し熊本で暮らしたころ、看護して徹夜したこともある。

 〈枕辺や星別れんとする晨(あした)〉

 産婆が間に合わず、漱石が寒天のようにぷりぷりしたものをあわててとりあげた。

 〈安々と海鼠(なまこ)の如き子を生めり〉

 歳末にこんな句を詠んだ。

 〈行年(ゆくとし)を妻炊(かし)ぎけり粟の飯〉

 翌30年の歳末にはこう詠んだ。

 〈行く年や猫うづくまる膝の上〉

 月並みな句だが、それが暦に印刷されるのは、出世作『吾輩は猫である』との連想のせいだろう。

 昨今は日本一の作家といわれる漱石だが、自然主義全盛期には「女を知らないから女が描けない」とけなされた。

 早稲田派が文壇を制し、改造社が現代日本文学全集を出す際、早稲田の文学部をつくった坪内逍遥には一巻500頁(ページ)を割り当てたが、慶応の福沢諭吉には3頁だった。かくて『福翁自伝』は文学外に追いやられた。

続きを読む

「ニュース」のランキング