産経ニュース

【蔭山実のスポーツ茶論】ロンドン五輪成功の基盤は「一つのストーリーを語る」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【蔭山実のスポーツ茶論】
ロンドン五輪成功の基盤は「一つのストーリーを語る」

 「2人は国民を熱狂させた。この国のスポーツはまさにこれがほしかった」

 いまから12年前、21世紀最初の五輪・パラリンピックとしてギリシャの首都で開かれたアテネ大会。イギリス選手団コーチの一人が英BBCテレビにこう語っていたのを、資料を整理している途中に見つけた。

 リオデジャネイロ大会が終わり、近年の開催国の成績を確認してみようと思ったときのことである。このコーチの担当する競技はバドミントン。アテネでイギリスが混合ダブルスで銀メダルという“歴史的”な快挙を挙げたときの思いがこの言葉に凝縮されていた。

 当時、ロンドン駐在でアテネ大会の話題を追いかけていたが、正直なところ、イギリスの五輪人気はいまひとつと思ったものだ。それだけに誰もが語り継ぐことのできる物語ができた。

 ネイサン・ロバートソンとゲイル・エムスのイギリス組。瞬く間に勝ち上がり、決勝で中国と対戦。フルゲームの末、2人は3点差で涙をのんだとはいえ、いま思えば、イギリスが五輪で浮上する大きな転換点であったような気がする。

続きを読む

「ニュース」のランキング