産経ニュース

【石平のChina Watch】カネがもの言う中国結婚事情 男の余剰3400万人、花嫁への結納金は年収10倍 ネット民「男だけ海外移住させよ」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【石平のChina Watch】
カネがもの言う中国結婚事情 男の余剰3400万人、花嫁への結納金は年収10倍 ネット民「男だけ海外移住させよ」

北京市内の教会前で、結婚披露宴に向けて記念写真を撮る中国人カップル(長谷川周人撮影) 北京市内の教会前で、結婚披露宴に向けて記念写真を撮る中国人カップル(長谷川周人撮影)

 先月28日、中国共産党中央宣伝部は全国の宣伝部門を招集して「農村精神文明建設」をテーマとするテレビ会議を開いた。その中で、党宣伝部長の劉奇葆氏は「農村地域のあしき風習を一掃し、精神文明の建設を推進せよ」との大号令をかけた。党宣伝部がやり玉に挙げた「あしき風習」の一つは、中国の農村地域で広がっている「天価(超高額)彩礼」の問題である。

 彩礼とは中国古来の婚姻儀礼で、結婚を正式に決める前に新郎の家が新婦の家に一定金額の現金を贈る風習である。日本の結納金にあたるが、最近、特に問題となっているのは、そのびっくりするほどの相場の高騰である。

 中国のネット上で流布されている「2016年全国各省彩礼相場一覧表」によると、湖南省、山東省、浙江省などでは彩礼平均相場が10万元(約160万円)。旧満州の東北地方や江西省、青海省となると、一気に50万元台に跳ね上がる。極め付きは、上海と天津で、両大都市の彩礼相場は、何と100万元台に上っている。

 こうしてみると、「天価彩礼」は何も党宣伝部のいう農村部だけの問題でもない。問題の焦点は、農村地域の貧困ぶりからすれば、彩礼の価格があまりにも高くつり上げられている点である。

続きを読む

「ニュース」のランキング