産経ニュース

【主張】北方領土 返還なき協力あり得ない

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
北方領土 返還なき協力あり得ない

 ロシアのプーチン大統領が、さきの安倍晋三首相との会談で北方領土における「共同経済活動」を協議したと語った。さらに北方四島について「ロシアの主権がある領土だ」と強調した。

 四島を返還せず、経済的利益だけ得ようという極めて身勝手な発言と受け止めざるを得ない。

 四島は日本固有の領土であり、不法占拠するロシアに主権があるはずもない。四島の日本への帰属や返還が決まらない限り、共同経済活動に応じるのはロシアによる支配を強めるものでしかない。

 菅義偉官房長官が「わが国の法的立場を害さないことが前提だ」との立場を表明したのは当然だ。この方針を堅持すべきだ。

 プーチン氏は訪問先ペルーの首都リマでの会見で、平和条約締結後に歯舞、色丹の引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言について、「誰の主権の下に置かれ、どのような条件で返還するか書いていない」とも語った。

 12月のプーチン氏来日時の首脳会談をめぐり、日本では領土問題打開への期待が高まっている。

 そこにつけ込んで、返還の条件をつり上げるつもりなのか。そもそも返還する考えがあるのか。期待を抱かせ、大規模な経済協力だけをせしめる魂胆ではないか。しっかり見極めなければ、大きな禍根を残す。

続きを読む

「ニュース」のランキング