産経ニュース

【主張】博多駅前陥没 説得力ある再発防止策を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
博多駅前陥没 説得力ある再発防止策を

 それが実態であれば、事態は極めて深刻である。「アリの一穴」が調査で把握できず、これほどの惨状を招くなら、全国に危険性がはびこることにならないか。

 地下開発は常に、水との戦いである。関係者は科学的な原因の究明を急ぎ、説得力ある再発防止策を提示してほしい。

 福岡市営地下鉄の工事では、2年前にも市道が陥没する事故が起きている。今回の現場からは約400メートルしか離れていない。市や施工業者の責任は重大である。2年前の事故の教訓はどう生かされたのか、生かされなかったのか。詳細な報告を求めたい。

 昨年12月には、名古屋市中村区のビル工事現場前の歩道が陥没した。今年6月にも同市西区の工事現場近くで道路や公園の一部が陥没した。

 水道管の老朽、劣化による水漏れも陥没の原因となる。全国の上下水道管の点検についても強化すべきではないか。

「ニュース」のランキング