産経ニュース

【正論】韓国宗教家の国政介入事件 今も尾を引く「古代性」 筑波大学大学院教授・古田博司

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
韓国宗教家の国政介入事件 今も尾を引く「古代性」 筑波大学大学院教授・古田博司

 李朝時代では刑政の官以外にも各役所に牢獄(ろうごく)があり、不服従だとみなされるとその場で獄に繋(つな)がれた。これを「濫囚の弊」という。みだりに捕らえる伝統があり、産経新聞ソウル支局長の名誉毀損(きそん)起訴事件でも、私はこの伝統を指摘しておいたのだ。

 ≪伝統だった告げ口と威嚇≫

 朴槿恵大統領の告げ口外交は、コリアの宮廷のイガンヂル(離間策)が起源である。王は朝から晩まで臣下たち相互のイガンヂルを聞かなければならない。史料を読むと、役人の嫁の不倫まで王の裁定を仰ぐ形で言いつけている。王と臣下同士もすべて不信の関係である。ゆえに朝鮮政治は王権と官僚群のシーソーゲームとしてあらわれ、後者は武人と組んで、王を廃することもあった。

 今の北朝鮮で一番これを恐れているのが金正恩氏であり、家臣団に排除される恐怖からの威嚇と、国威発揚による人気獲得のため、すでに父を超える2倍のミサイルを日本海に発射したのである。

 このイガンヂルは東洋の国際関係にも有用だった。明の時代を例にとれば、朝鮮も満洲族もモンゴル族も互いに相手の悪口を明に言いつけるのだ。内容は突然、李朝が攻めてきて大量虐殺されたとか、満洲族が国境を越えて民を奴隷として拉致したとか、そういう文書による告げ口なのである。

続きを読む

「ニュース」のランキング