産経ニュース

【主張】比の対中外交 価値観共有を難しくした

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
比の対中外交 価値観共有を難しくした

 この国との間で「法の支配」の基本的原則と、民主主義の価値観を共有できるのか。懸念を抱かざるを得ない。

 フィリピンのドゥテルテ大統領が就任後初となる中国訪問で、南シナ海問題を「2国間の対話と協議」に委ねるとする、習近平国家主席の提案に応じた。

 それだけではない。人民大会堂での経済フォーラムでは、「軍事的にも経済的にも米国と決別する」と言い切った。

 いずれもフィリピンが中国からの経済支援を期待し、関係改善を優先させたものといえる。

 中国の南シナ海支配を否定したオランダ・ハーグの仲裁裁判所の裁定で、フィリピンは自ら手にした「勝訴」を事実上棚上げしたことになる。それは中国ペースの外交に乗ったのと同じだ。

 中国は、南シナ海を「平和で自由な海」として守る国際秩序の法的枠組みを無視しつづけている。ドゥテルテ氏の姿勢はそれに手を貸すもので、地域における脅威を増大させかねない。

 カービー米国務省報道官が不快感を表明したのは当然である。

 南シナ海問題は、フィリピンなど当事国・地域の領有権問題にとどまらない。中国の進める人工島の造成や軍事拠点化は、日米など域外国にとっても、航行の自由をはじめとする法的権利を脅かすものだからだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング