産経ニュース

【葛城奈海の直球&曲球】勝手に作動するトイレで失態続き…「行き過ぎた自動化」は見直されるべきだ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【葛城奈海の直球&曲球】
勝手に作動するトイレで失態続き…「行き過ぎた自動化」は見直されるべきだ

 最近宿泊した、地方都市のホテルでのこと。洗面所で鏡に顔を近づけると、トイレの水が勝手に流れてしまう。よく見たら、洗面台手前にある「流水ボタン」に腿(もも)が触れて反応している。以後、気を付けたつもりなのだが、予想を上回る感度の良さで何度も失態を繰り返した。近視のため裸眼では鏡に接近しないと見えないという個人的事情はあるにせよ、これは設計を誤っていると思った。私のように意図せず水を流してしまう人が、相当いるに違いない。

 同様に、駅などのトイレで洗面台にうっかり物を落とし、拾おうとしたら自動的に水が出てきて、落とした物やら袖やらを濡(ぬ)らしてしまった経験のある人も多いだろう。この種の自動化が進み過ぎるのは、いかがなものか。

 日本人にとって、長く「水と安全はタダ」だった。が、地球規模での人口爆発を経て、世界では水をめぐる戦争さえ起きるといわれている。この夏もダムの水位が下がり節水が呼びかけられたが、水のありがたみを痛感するのは、やはり断水時だろう。蛇口を捻(ひね)れば当たり前のように出ていた水が出なくなる。飲料水はもちろん、トイレや風呂の水が出なければ快適な暮らしは望めない。

続きを読む

「ニュース」のランキング