産経ニュース

【正論】早とちりしてロシアに接近すると日本は百年の計を誤る 日米同盟の信頼を失うな 北海道大学名誉教授・木村汎

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
早とちりしてロシアに接近すると日本は百年の計を誤る 日米同盟の信頼を失うな 北海道大学名誉教授・木村汎

木村汎・北海道大学名誉教授 木村汎・北海道大学名誉教授

 ロシアのプーチン大統領の来日は、戦後の日露関係史における分水嶺(れい)になろう。日本側にとって最悪シナリオは、安倍晋三首相が事実上、歯舞・色丹の2島だけの返還に終わる共同声明に合意すること。平和条約締結後も、国後・択捉の交渉を続行するとの約束を信じて、経済共同開発に半永久的に協力させられることだ。

 誰の目にも明らかなこの危険について、小稿はこれ以上論じない。日本側が譲歩する必要があると説く次の理屈に果たして十分な根拠があるのか、この問いのほうを検討する。

 ≪中露間にくさびを打てるのか≫

 今後の日本にとっての脅威となってゆくのは中国だ。中国に対抗するためには、米国に頼っているだけでは心許(もと)ない。ロシアとの関係を改善して中国に当たることが賢明だ、と。確かにこの有力説には一理がある。中露は揺るぎない「同盟」ではなく、「戦略パートナーシップ」関係にあるだけだ。価値観を同一にして安保条約で結ばれている日米関係とは異なる。

 実際、かつて中ソ両国は、共産主義ドクトリンの解釈をめぐって対立し、揚げ句の果てに珍宝島付近で戦火を交えたことすらある。その後両国は関係を修復し、中国はロシア製武器の最大の顧客になったものの、ロシアは己に向けられる危険性のある高性能兵器の中国向け輸出を手控えていた。

続きを読む

「ニュース」のランキング