産経ニュース

【主張】法曹養成 活躍の場増やす努力せよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
法曹養成 活躍の場増やす努力せよ

 ただ合格率にとらわれるだけでは法曹養成改革の意味がない。幅広い人材を集め、対話型授業で識見ある人材を育てる当初の理念を忘れず進めてもらいたい。法学部卒以外の社会人を受け入れるコースを充実させる大学院が出てきていることは歓迎したい。

 司法試験の内容についても、短時間で狭い法律知識を試すような問題に偏らず見直してほしい。

 政府は司法試験合格者年3千人という当初目標の下方修正を余儀なくされ、今年は1500人以上の目標をかろうじて上回った。

 弁護士会の中から、こうした目標を「大幅に減らすべきだ」との声があるが、疑問だ。

 弁護士や裁判官などの地域的偏在は解決されていない。災害被災地など長期的、組織的な法律家の支援を必要としている場がある。高齢者や子供を守る法曹の支援の重要性は増している。企業や官公庁、国際舞台で法律知識と交渉力を持つ人材が望まれている。

 弁護士会はこうした現状をみつめ、もっと活躍の場を広げ、法曹の仕事の意義や魅力アップの方策を考えてはどうか。

「ニュース」のランキング