産経ニュース

【産経抄】大和魂で綱取りを 9月26日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
大和魂で綱取りを 9月26日

 舞の海さんが頭にシリコーンを入れて、新弟子検査に合格した逸話はあまりにも有名である。その2カ月前に一度、基準の身長に足りず、不合格を言い渡されていた。

 ▼その時、まるで自分のことのように落ち込んだのが、日大の先輩でもある現在の境川親方だった。当時の師匠に、なんとか入門できるよう、涙ながらに訴えてもくれていた。舞の海さんは後になって知る(『勝負脳の磨き方』育鵬社)。

 ▼そんな親方が率いる境川部屋は、角界屈指の稽古の厳しさを誇っている。高校横綱だった豪栄道は、稽古を見学してすぐに入門を決めた。「10年に1人の逸材」の前評判通りの快進撃が続く。かと思えば、野球賭博に関与して謹慎処分を受け、度重なるケガにも泣かされた。

 ▼山あり谷ありの土俵人生を経て、かど番大関はついに悲願の初優勝を果たした。しかも全勝である。何度も豪栄道から助言を求められてきた、舞の海さんの喜びもひとしおだろう。「これから相撲界の中心になるのは、境川部屋」。舞の海さんは3年前、小紙のコラムで言い切った。恩義ある先輩へのお世辞ではないらしい。「部屋が、武士道精神を伝えようとしている」からだ。

 ▼親方は弟子たちに、特攻隊員が出撃前に家族にあてた手紙の朗読を聞かせてきた。部屋の旅行でサイパン島を訪れた際には、弟子といっしょに、落書きで汚された慰霊碑を磨いた。先人の犠牲のおかげで、相撲が取れるありがたさを忘れず、日本人としての誇りを持って生きてほしい。

 ▼豪栄道は大関昇進の口上で、そんな親方の教えを「大和魂」と表現した。11月の九州場所には、平成10年の若乃花以来という国産力士の綱取りが懸かっている。何より魂のこもった相撲を見せてほしい。

「ニュース」のランキング