産経ニュース

【古森義久のポトマック通信】お礼に「トモダチ」投げ飛ばす

ニュース コラム

記事詳細

更新

【古森義久のポトマック通信】
お礼に「トモダチ」投げ飛ばす

 首都ワシントン近郊、アナポリスの米国海軍士官学校の柔道クラブで、東海大学柔道部OBの熊代佑輔選手が8月末から指導を始めた。全日本の選抜体重別大会や各種国際大会の100キロ級で優勝し、柔道国際普及団体「柔道教育ソリダリティー」(山下泰裕理事長)から派遣されてきた。

 交流計画は2010年の井上康生氏の来訪から始まり、翌年からは「トモダチ作戦へのお礼」の意味をもこめるとして毎年、実施されてきた。

 初日にはクラブ員の男女の士官候補学生たち20人ほどが集まり、熊代選手に順番に練習試合を挑んだ。内股、大外刈りと次々に豪快に投げていく熊代選手の技量に、学生たちは歓声をあげながらも「もう一度」と再挑戦する意欲をみせた。

 2日目からは技の基本や練習の方法を実際に示し、将来は米海軍や海兵隊の士官になる男女たちは目を輝かせ、体を果敢に動かして没頭していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング