産経ニュース

【主張】大学入試改革 豊かな知識で学ぶ意欲を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
大学入試改革 豊かな知識で学ぶ意欲を

 大学入試はどう変わるのか。センター試験に代わる新テストの概要など入試改革の進捗(しんちょく)状況を文部科学省がまとめた。

 思考力や表現力を重視するあまり、知識軽視となっては「ゆとり教育」の二の舞いになる。各大学の個別試験を含め、しっかり学ぶ教育につなげてほしい。

 新テストで、国語と数学に記述式問題を加えることは評価できよう。センター試験の前身の共通1次試験時代から、マークシート方式に対し、「考える力が育たない」との批判があった。

 記述式の採点には時間がかかるという課題に対し、受験先の大学が採点する案は現実的だろう。大学の負担が増えると反対するのはおかしい。どんな学生を採り育てていくか、大学の責任は重い。採点が面倒だと考える大学教員がいるなら、意識を変えるべきだ。

 マークシート方式の出題でも、複数の答えがある問題や思考力をみる作問などを工夫する。英語では「話す」などコミュニケーション能力をみる試験の実施が難しいため、英検など民間試験の活用を検討する。

 高校の教育にも影響が大きい。何より受験生に分かりやすい制度とすべきだ。入試改革の度に「悪くなる」と言われては困る。来年度から予定される試行テストを通し、問題の内容など透明性を持って検討してほしい。

続きを読む

「ニュース」のランキング