産経ニュース

【葛城奈海の直球&曲球】日本政府は何を考えているのか 中国に抗議したところで何の威力もなし…「守るは尖閣のみならず、国の誇りと勲なり」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【葛城奈海の直球&曲球】
日本政府は何を考えているのか 中国に抗議したところで何の威力もなし…「守るは尖閣のみならず、国の誇りと勲なり」

政府が公表した尖閣諸島沖の中国漁船の映像 政府が公表した尖閣諸島沖の中国漁船の映像

 日の入り間近な凪(なぎ)の海に読経の声が響いていた。戦時中、疎開船が爆撃され、尖閣の海と島で亡くなった方々への慰霊が13日、洋上で行われた。声の主は、尖閣での漁業活動を行ってきた民間団体「頑張れ日本!全国行動委員会」の水島総(さとる)幹事長だ。

 3年前まで、慰霊祭は尖閣諸島・魚釣島前で行われていた。2年前、漁師以外が漁船で尖閣海域に行くことを突如、水産庁が規制、出港さえできなくなった。よってこの日は、「遊漁船」として認められる、石垣島から20カイリ(約37キロメートル)が限界だった。尖閣は、はるか70カイリ先にある。

 ちなみに、漁師だけだとしても、「日本人の上陸」を警戒する海上保安庁が島の2カイリ以内で漁をすることを実力で阻止してくる。徹底的に日本人を遠ざける一方、中国船には口先で退去を呼びかけるだけで、ときに島ギリギリを遊弋(ゆうよく)することまで許してしまう、そんな倒錯した状況を何度も目にしてきた。だからこそ、政府が中国の増長を手助けしているようなものだ、と警告を発してきたつもりだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本政府は何を考えているのか 中国に抗議したところで何の威力もなし…「守るは尖閣のみならず、国の誇りと勲なり」
  • 日本政府は何を考えているのか 中国に抗議したところで何の威力もなし…「守るは尖閣のみならず、国の誇りと勲なり」
  • 日本政府は何を考えているのか 中国に抗議したところで何の威力もなし…「守るは尖閣のみならず、国の誇りと勲なり」
  • 日本政府は何を考えているのか 中国に抗議したところで何の威力もなし…「守るは尖閣のみならず、国の誇りと勲なり」
  • 日本政府は何を考えているのか 中国に抗議したところで何の威力もなし…「守るは尖閣のみならず、国の誇りと勲なり」

「ニュース」のランキング