産経ニュース

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(56)その生涯編・赤門人民戦線

ニュース コラム

記事詳細

更新

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】
独立不羈の男・河合栄治郎(56)その生涯編・赤門人民戦線

現在の東京大学赤門前。本郷通りに車が行き交う 現在の東京大学赤門前。本郷通りに車が行き交う

 学部人事のきしみを知った法学部教授の蝋山政道は、河合人事を危なっかしくて見ていられなかった。ある日、栄治郎を散歩に引っ張り出して、「各派とも二名ないし三名の助手を助教授に採用するということにしたら。これは総花的妥協案かも知れないが、具体性はありますね」と諭した(「人間として同僚としての河合さん」『伝記と随想』)。

 親友の助言といえども、栄治郎は「そんな機械的な方法ではやれません」と、かたくなだった。しかも、多数派連合の一方の旗頭である土方の愛弟子である難波田春夫についても助教授昇任を見送ってしまった。難波田は木村や安井と同じ昭和7年に助手になっており、2人より3歳年長である。当然、土方との関係にもヒビが入る。

河合引き下ろし

 実は、栄治郎が学部長を辞任して9カ月ほどした昭和13年1月、偽造書簡事件がおきる。右派による河合教授追放の動きが激しくなるころ、ある助手による栄治郎の代筆偽造書簡が原理日本社を主宰する国粋主義者の蓑田胸喜に送られた。

 偽造書簡の末尾には「小生は現に支那に於て戦場を視察中に御座候間、小生の門弟をして之を代筆せしむる次第、悪しからず御諒承下され度候」とあった。書簡は彼が国家主義についての考え方を蓑田に説明する体裁をとっており、河合追放の機運がある中、火に油を注ぐよう仕組まれていた。

続きを読む

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎のニュース

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎の写真

  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(61)その生涯編・攻撃
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(60)その生涯編 戦火拡大
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(58)その生涯編・人民戦線事件
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(56)その生涯編・赤門人民戦線
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(52)その生涯編・孤高の戦い
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(51)その生涯編・不動の思想
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(48)その生涯編・1年ぶりの祖国
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(47)その生涯編・ソ連とドイツ
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(45)その生涯編・講演旅行
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(44)その生涯編・講演依頼
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(43)その生涯編・論争後
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(42)その生涯編・一騎打ち

「ニュース」のランキング