産経ニュース

【話の肖像画】作家・村松友視(1)プロレス本が思いがけず大ヒット

ニュース コラム

記事詳細

更新

【話の肖像画】
作家・村松友視(1)プロレス本が思いがけず大ヒット

村松友視(三尾郁恵撮影) 村松友視(三尾郁恵撮影)

 〈熱狂的なプロレスファンで知られる。昭和55年、中央公論社の編集者時代に軽い気持ちで一気に書き上げたエッセー「私、プロレスの味方です」(情報センター出版局)がベストセラー。プロの作家となる前に全国的な知名度を得た〉

 当時、篠原勝之さん(画家)、糸井重里さん(コピーライター)、南伸坊さん(イラストレーター)、赤瀬川原平さん(作家、前衛美術家)が僕の家に集まって宴会を開く習慣がありました。席上、たまにプロレスをテーマにしたりして、僕が思うところを話すわけです。ある時、情報センター出版局の編集者が糸井重里にプロレスを題材としたエッセーの執筆を依頼しました。

 多忙な糸井重里は「村松さんの方が面白い」と僕を薦め、それを真に受けた編集者の人が訪ねてきてくれた。プロレスの話題を書くなんて信じられない時代だったのですが、僕は休日を利用してあっという間に書き上げてしまいました。

 ただ、執筆当時、プロレスの位置づけは決して人に褒められたものではなく、特にインテリ層は「ろくなものではない」「大人にプロレスの話なんかできない」と捉えるのが一般的でしたね。だから僕はプロレスを“味方して”クローズアップした本を書いてみたくなったのです。中学生だった29年、少年時代を過ごした静岡県清水市(現・静岡市清水区)の波止場にある電器店のテレビで、力道山、木村政彦組とシャープ兄弟の試合を観戦して以来、ずっとプロレスの大ファンだったのです。

続きを読む

「ニュース」のランキング