産経ニュース

【正論】森林太郎はいかなる科学実験者だったのか 「鴎外」像を一新する西澤論文 東京大学名誉教授・平川祐弘

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
森林太郎はいかなる科学実験者だったのか 「鴎外」像を一新する西澤論文 東京大学名誉教授・平川祐弘

 しかし森は職を疎(おろそ)かにして述作に耽(ふけ)った人ではない。日露戦役において陸軍が被ったとされる脚気(かっけ)病の大被害については、栄養学的試験に基づき陸軍兵食の基本を米食とした森に責任があるとする非難は近年とみに激しい。だが脚気問題を学閥派閥人事情念に基づく俗見で臆測を重ねていいことか。 西澤は偉人崇拝の裏返しにすぎぬ偶像破壊には与(くみ)せず、ビタミンB1発見以前の時期の森たちの努力に注目する。日露戦争後、森軍医総監は学際的・職際的な研究組織、臨時脚気調査会を発足させる。明治41年10月、調査会で森はすでにこう述べている。

 「脚気ノ原因ハ未定ニ属スルモノト見做(みな)スベシ…実際ノ処置上ニハ伝染説ト栄養説トヲ両立セシメテ考察スルヲ要ス」。森のこの発言は公正と私は思う。(東京大学名誉教授・平川祐弘 ひらかわすけひろ)

「ニュース」のランキング