産経ニュース

【産経抄】「カエルを信じろ、カエルと争うな、争う力をもつな」… その未来とは? 7月1日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
「カエルを信じろ、カエルと争うな、争う力をもつな」… その未来とは? 7月1日

 ツチガエルたちの楽園、「ナパージュの国」は、高い崖の上にある。最近崖の下の沼から、巨大で凶悪なカエル、ウシガエルが登ってくるようになった。途中で引き返すのは、ウシガエルと戦えるぐらいの強さをもつハンニバル、ワグルラ、ゴヤスレイの3兄弟が監視しているからだ。

 ▼ただ兄弟はなぜか、一部のツチガエルに嫌われている。「カエル殺し」「暴力の道具」などと呼ばれたこともある。遅まきながら、百田尚樹さんのベストセラー『カエルの楽園』(新潮社)を読んだ。兄弟の寓意(ぐうい)は、明らかであろう。

 ▼「人を殺すための予算」。防衛予算についてのNHK番組での発言を追及され、共産党の藤野保史議員が党の政策委員長を辞任したばかりである。かつて自衛隊を「暴力装置」と呼んだ官房長官もいた。その自衛隊が目を光らせている東シナ海で、軍事的緊張が高まっている。

 ▼中国軍の戦闘機が航空自衛隊機に対し、ミサイルを撃てる戦闘態勢を取って威嚇する暴挙に出た。6月中旬から複数回にわたって、中国軍機はこのような「攻撃動作」を仕掛けている。航空自衛隊の元幹部が、インターネットのニュースサイトで公表したものだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング