産経ニュース

【産経抄】若旦那の道楽 6月28日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
若旦那の道楽 6月28日

 落語に出てくる若旦那といえば、大方は道楽者と決まっている。ちやほやされているうちはいいが、親に勘当されるとたちまち窮してしまう。

 ▼「船徳(ふなとく)」の主人公、徳三郎も、なじみの船宿にころがりこんで、退屈な日々を送っている。ある日、何を思ったか、「船頭になりたい」と言い出した。「冗談いっちゃあいけません」。親方が止めても聞かない。

 ▼鳩山由紀夫元首相(69)も、国民から愛想を尽かされ、4年前に政界を引退した。もう隠居してもいいお年だというのに、まだ若旦那気分が抜けないようだ。「冗談いっちゃあいけない」ような、あきれた言動が止まらない。

 ▼中国、韓国を訪れるたびに、両国の肩を持って、日本を貶(おとし)める発言を繰り返してきた。昨年は、日本政府の制止を振り切って、ロシアがウクライナから一方的に併合したクリミア半島を訪問している。「いよいよ宇宙人になった。少なくとも日本人ではなくなった」。つい先日亡くなった、弟の鳩山邦夫氏も嘆いたものだ。旧民主党を離党したとはいえ、鳩山氏は生みの親である。その言動が話題になるたびに、マイナスイメージが強まる民進党の悩みも深い。

続きを読む

「ニュース」のランキング