産経ニュース

【主張】参院選きょう公示 危機克服への青写真競え 国と国民守り抜く覚悟あるか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
参院選きょう公示 危機克服への青写真競え 国と国民守り抜く覚悟あるか

国と国民守り抜く覚悟あるか

 日本が直面している内外の危機は、深刻さを増している。きょう公示される参院選では、どうやって国家として生き残り、国民の生活を守っていくかの構想力が問われている。

 21日の日本記者クラブ主催の党首討論会では、その問いに対する明快な答えを与野党から聞くには至らなかった。

 不人気な政策、国民に痛みを求める政策であっても、必要なものなら正面から提示し、理解を得る必要がある。それなしには選挙を重ねても、現実の懸案解決にはつながりにくいからだ。

 ≪安保の現実に目向けて≫

 国民の関心と懸念に回答しようという姿勢が特に希薄なのが、外交・安全保障の分野である。

 中国の軍艦が、尖閣諸島(沖縄県)周辺の接続水域や口永良部島(くちのえらぶじま)(鹿児島県)周辺の領海に侵入した。中国は南シナ海で、国際法を無視し、人工島の軍事拠点化を進め、地域や国際社会にとっても大きな懸念となっている。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射の兆候があるとして、中谷元(げん)防衛相は21日、自衛隊に迎撃を認める破壊措置命令を出した。

 こうした環境に日本があることを、各党はもっと強く認識すべきである。国と国民をどう守り抜いていくか、日本に有利な外交環境をいかに醸成すべきか。いずれも横に置いて済ませられる課題ではなかろう。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング