産経ニュース

【話の肖像画】フリーアナウンサー・古舘伊知郎(1)僕のことを本当に悪く書いてくれた…産経新聞に「ありがとう」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【話の肖像画】
フリーアナウンサー・古舘伊知郎(1)僕のことを本当に悪く書いてくれた…産経新聞に「ありがとう」

古舘伊知郎氏(春名中撮影) 古舘伊知郎氏(春名中撮影)

 人は、自分の意見に合わないことを「偏っている」と言う。僕は、偏ることを恐れてはいけないと思ってやってきました。つるんつるんの偏っていない番組ほど面白くないものはない。自分の肌合いと違うものに触れることが、ニュースにも必要なのではないでしょうか。

 産経新聞は、僕のことを本当に悪く書いてくれたけど、悪く書かれることは「おいしい」です。もちろん、いい気はしないですよ。でも、「ありがとう」です。人前に出る仕事である以上、どこかでひんしゅくを買う部分がなかったらだめだし、文句を言われてなんぼ。「古舘は偏っている」と言われたら、「そっちも偏っているんじゃないの?」と言いたいけど(笑)。

 〈最後のあいさつでは、「圧力」による降板を否定しつつ、「開けっぴろげな発言ができなくなりつつある空気は感じる」と語った〉

 政権は何も、表立って圧力をかけてきていないんですよ。ただ、間違った放送で番組がつぶれるのが怖いから、「無難にやろう」という自主規制がある。そういう悪魔と闘っていかなければいけないんです。

「ニュース」のランキング