産経ニュース

【正論】中国と「戦争」すればこうなる…尖閣守る日米同盟と「核の傘」 東京国際大学教授・村井友秀

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
中国と「戦争」すればこうなる…尖閣守る日米同盟と「核の傘」 東京国際大学教授・村井友秀

村井友秀・東京国際大学教授  村井友秀・東京国際大学教授 

 しかし、日本を支援することによって中国との大戦争になればそのコストも巨大である。過去の戦争を分析すると、戦場が本土から隔絶した場所に限定され、本土を攻撃した場合のコストが大きく、双方に戦争を拡大する意思がない場合は戦争を小規模に限定することができる。戦争が小規模ならばコストも小さい。米国はコストが小さい方を選択する。

 米国が(ロ)を選択し、中国の対日核威嚇を抑止しようとする場合、中国には(イ)米国の核威嚇に屈して日本に対する核威嚇をやめ、尖閣諸島を放棄する(ロ)米国の核威嚇に核兵器で対抗する-の2つの選択肢がある。

 (ロ)の場合、数千発の核弾頭を持つ米国と数百発の核弾頭を持つ中国との核戦力には大きな差があり、核戦争になれば米国は中国を圧倒できる。故に、中国が核戦争に踏み切る可能性は低い。

 米国による「核の傘」が機能すれば、日本に対する中国の核威嚇は機能しない。すなわち、尖閣諸島に対する日本の支配に変化はないということになる。

「ニュース」のランキング