産経ニュース

【主張】アイドル刺傷 「泥縄」法整備ではストーカーは取り締まれない 規制対象は「あらゆる通信手段」とし“いたちごっこ”に終止符を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
アイドル刺傷 「泥縄」法整備ではストーカーは取り締まれない 規制対象は「あらゆる通信手段」とし“いたちごっこ”に終止符を

 ファンが撮影した冨田真由さん(提供写真)  ファンが撮影した冨田真由さん(提供写真)

 アイドル活動をしていた女子大生が、ファンの男に刺され、重体となっている。憎むべきは、ゆがんだ感情で刃物を握った容疑者である。

 だが女子大生の被害を防ぐことは、本当に不可能だったか。

 警視庁は事前に、ツイッターへの執拗(しつよう)な書き込みについて相談を受けていたが、ストーカー事案とはみていなかった。女子大生の110番通報を受けて自宅に向かったが、犯行現場はライブ会場だった。

 検証すべき事案は数多いが、一つ弁明の余地がないのは、ストーカー規制法の不備である。泥縄式法整備の怠慢が、犯行抑止の機会を失わせたともいえる。

 「泥縄」とは「泥棒を捕らえてから縄をなう」の略で、事が起きてから準備をしても間に合わないことを意味する。

 ストーカー規制法は「桶川ストーカー殺人事件」を契機に議員立法で成立し、平成12年11月に施行された。25年には「逗子ストーカー殺人事件」を受けて法が改正され、つきまとい行為の定義に「電子メール」が加えられた。

 規制法の対象行為が電話とファクスに限られており、執拗なメール攻撃を相談していた逗子事件に対応できなかったためだ。

 犠牲者の存在が法を成立、改正させたが、改正法にもSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やツイッターについては明記がなく、女子大生の訴えをストーカー事案としない理由に数えられた。

「ニュース」のランキング