産経ニュース

【主張】オバマ氏広島訪問 核の惨禍防ぐ決意示した

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
オバマ氏広島訪問 核の惨禍防ぐ決意示した

演説の後、被爆者の森重昭さんと抱擁を交わすオバマ米大統領=27日、広島市中区の平和記念公園(鳥越瑞絵撮影) 演説の後、被爆者の森重昭さんと抱擁を交わすオバマ米大統領=27日、広島市中区の平和記念公園(鳥越瑞絵撮影)

 原子爆弾の加害、被害国のリーダーがそろって犠牲者を追悼した。同盟国として世界に核の惨禍をもたらさない努力を誓い合う、歴史的機会になったと受け止めたい。

 日本に原爆を投下した米国の現職大統領として初めて、オバマ氏が広島を訪問し、安倍晋三首相が同行した。

 慰霊碑に献花したオバマ氏は、広島に原爆が投下された8月6日の「記憶は消え去らない」と演説し、「核兵器なき世界」を追求する決意を改めて表明した。

 被爆者の代表と言葉を交わし、抱擁しあったオバマ氏からは犠牲者を悼む真情が伝わってきた。

 昭和天皇の終戦の詔書には「敵は新(あらた)に残虐なる爆弾を使用して頻(しきり)に無辜(むこ)を殺傷し」とあった。

 広島、長崎への原爆投下は非戦闘員を大量殺傷した残酷な無差別攻撃であり、決して許されるものではない。

 一方、米国では戦争終結を早め、日本本土上陸作戦による犠牲を防いだとの見方が強い。日米間では原爆投下への見解が今も食い違う。

 それでもオバマ氏は、国内に慎重論があった訪問を決断し、日本は受け入れた。原爆で亡くなった人々に慰霊の誠を捧(ささ)げ、被爆によって今も苦しむ人々に寄り添うことが大切だからである。

「ニュース」のランキング