産経ニュース

【産経抄】4月24日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
4月24日

 江戸期の著述家として名高い斎藤月岑(げっしん)が、『武江地動之記』という文書に書き留めている。〈江戸中の豪商…米穀金銀等を施し与ふる者多し〉。安政大地震(1855年)の後、江戸の町でなされた救済活動である。

 ▼震災の1カ月後には米の配給も行われ、延べ38万人が飢えをしのいだとの記録もある(『江戸の助け合い』つくばね舎)。町の豪商にとって被災した町民は「お客さま」、人々の暮らしが戻らねば商売も傾く。復旧の陣頭指揮を執ったのは自然の成り行きであろう。

 ▼これらの救済や救護を「施行(せぎょう)」と呼んだ。いまは「ボランティア」というさわやかな言葉がある。一説によると、その語源となる単語が歴史に一歩を印(しる)したのは1600年という。「義勇兵」の意味で広まり、後に「志願者」や「篤志家」などの意味でも使われた。

 ▼家屋が倒れ、橋が落ち、山が崩れた被災地は戦場と変わるまい。熊本地震は14日の前震から時間がたち、益城町や熊本市などに多くのボランティアが駆けつけている。当面は救援物資の仕分けや避難所支援が中心という。余震が危ぶまれる中での作業に頭が下がる。

「ニュース」のランキング