産経ニュース

【日曜に書く】人類はわずか30年後に滅亡し、進化形「ホモ・AIエンシス」が誕生する  論説委員・長辻象平

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
人類はわずか30年後に滅亡し、進化形「ホモ・AIエンシス」が誕生する  論説委員・長辻象平

「アルファ碁」との第4戦に臨む韓国人プロ棋士、李世〓(石の下に乙)九段(右)=3月13日、ソウル(グーグル提供・共同) 「アルファ碁」との第4戦に臨む韓国人プロ棋士、李世〓(石の下に乙)九段(右)=3月13日、ソウル(グーグル提供・共同)

 しかも、このAIは囲碁に特化したものではない。自ら学ぶ機械学習の能力を持ち、株式投資や車の自動運転などといった異なる分野で実力を発揮する汎用(はんよう)性を備えている。これがさらなる脅威なのだ。

 人間の脳の神経回路を模したAIとそれを搭載したロボットの研究開発に、大手IT企業や主要国政府が膨大な予算を注ぎ込んでいる。それがAIの能力を指数関数的に押し上げる。

 AIは宇宙適応の進化

 今後30年で、社会は産業革命を上回る激変に見舞われる。

 人間の仕事の多くは、酷使に耐えるAIとロボットに取って代わられる。単純労働や車の運転だけではない。新聞記事の作成やヒットソングの作曲もAIが巧みにこなす。二物衝撃で作る俳句などは朝飯前だろう。法理論の巧みな組み立てや膨大な判例の記憶で、弁護士や裁判官の仕事も奪いかねない。

 AIはビッグデータを読み込んで万能化に向かう。全知全能のゼウス神の人間界への降臨だ。人間には寿命があるが、AIの頭脳は不滅。彼らが意識を持てば、自己の存続を最優先に据えることになるだろう。

「ニュース」のランキング