産経ニュース

【産経抄】今年の新社会人「ドローン型」? 4月1日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
今年の新社会人「ドローン型」? 4月1日

 ▼もの書きの端くれの慰みとして、引き合いに出された国民的スターのお二人は渋い顔だろう。凡俗の身にはしかし、つまずきを始発点とする共通項が鎮痛剤になる。一本負けや三振が何であろう。門出を迎えた「ドローン型」の若者たちも落下を恐れることなかれ。

 ▼「つまずく石も縁の端」という。無意味に思える失敗も、どこかで誰かが見ていてくれる。同じ転ぶなら、空に掲げた志を仰ぎ見て高転びに転ぶ方がよい。慰みの花もある。上を向いて歩くには、いい季節である。

「ニュース」のランキング