産経ニュース

【産経抄】オバマ氏が原爆慰霊碑の碑文を読んだら…実現なるか 現職米大統領初の広島訪問 3月26日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
オバマ氏が原爆慰霊碑の碑文を読んだら…実現なるか 現職米大統領初の広島訪問 3月26日

 「広島を訪問できれば光栄だ」。オバマ米大統領はこう述べ、5月下旬の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせ、被爆地である広島を訪れることを検討中だという。ガテマラー米国務次官が明らかにした。実現すれば現職の米大統領としては初めてであり、心から歓迎したい。

 ▼実はオバマ氏は平成21年11月の来日時にも、鳩山由紀夫首相(当時)との共同記者会見の場で「将来、(広島、長崎)両市を訪問することは当然光栄なことであり、非常に意義深いことだ」と語っていた。6年半ぶりにやっと宿題を果たすことにもなる。

 ▼オバマ氏は、就任後1年もたたないうちに「核なき世界」に向けた国際社会への働きかけを評価され、ノーベル平和賞を受賞している。ただその後、世界の核軍縮に期待通りの貢献をしたとは言い難い。その意味でも、広島訪問は初心を忘れてはいないというメッセージとなろう。

 ▼もっともオバマ氏は、前述の記者会見で「現在でもその選択(2発の原爆投下)は正しかったと考えているか」と質問されると、一切答えずはぐらかした。原爆投下を正当化する意見が根強い米世論に配慮したのかもしれない。

「ニュース」のランキング