産経ニュース

【産経抄】東大は暫定王者か 2月12日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
東大は暫定王者か 2月12日

 ▼「ことし落第ときまった。それでも試験は受けるのである。甲斐(かい)ない努力の美しさ。われはその美に心をひかれた」。第1回の芥川賞候補になった『逆行』の一節である。作者の太宰治は、当時、東京帝大仏文科の学生だった。とはいえ、小説そのまま学業はさっぱりで、黒板に書かれたフランス語の問題自体が理解できない。生活は荒れ果て、まもなく大学から除籍される。

 ▼もともと、弘前高校在学中から花柳界に入り浸り、自殺未遂騒ぎも起こしている。ほとんど無試験での入学だった。善悪は別にして、こんなとんでもない学生まで受け入れた旧制東大の寛容さに、あらためて驚く。

「ニュース」のランキング