産経ニュース

【直球&曲球】野口健 人は夢によって生かされている

ニュース コラム

記事詳細

更新

【直球&曲球】
野口健 人は夢によって生かされている

 ヒマラヤには50回以上通い続けてきたが、カメラを始めてからの発見がとても多い。「視線を変える」ことで新たに見えてくる世界。一つの発見から「もっと知りたい」「もっと感じたい」とモチベーションも上がった。もちろん、登山家を捨てたわけではない。逆にカメラを始めてからの方が山に登っていて楽しい。人は夢によって生かされているのだ。

【プロフィル】野口健 のぐち・けん アルピニスト。1973年、米ボストン生まれ。亜細亜大卒。25歳で7大陸最高峰最年少登頂の世界記録を達成(当時)。エベレスト・富士山の清掃登山、地球温暖化問題、戦没者遺骨収集など、幅広いジャンルで活躍。著書に『世界遺産にされて富士山は泣いている』(PHP新書)など。

「ニュース」のランキング