PR

ニュース コラム

【iRONNA発】慰安婦日韓合意、私は総理に「反対」を伝えた 作家、国家戦略アナリスト・青山繁晴

 こう語り終えることができたとき、韓国民の目の色が、嘘のように穏やかに、優しく変わっていることを何度も体験した。このままでは、韓国の子供たちは「朝鮮半島の男は、女を見殺しにする」という嘘をその身に被ることになる。

 もともとは日本の戦後教育に、歪(ゆが)んだ根っこがある。アメリカ占領軍の「世界大戦は、日本だけが悪かったんだと思え」という教育宣伝作戦(WGIP/ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)をまともにのみ込み、日本を悪者にすることをみずから子供たちと国民に学校教育とメディア報道を通じて刷り込んできた。だから、「韓国の女性を銃で脅して連行し、従軍慰安婦にして弄(もてあそ)んだ」と真っ赤な嘘を告白した吉田清治という自称ジャーナリストの話が独り歩きするようになり、「日本悪者論」を骨の髄まで吸収している朝日新聞まで加担して、韓国もそれを政治利用した。

 天命に反するな

 安倍総理は、日本だけではなくアジアの史観を公正にするためにも再登板した。「軍の関与の下」という表現で自ら、嘘を致命的に固定する役割を果たしては、天命に反する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ