産経ニュース

【主張】廃棄食品の転売 悪質業者の排除と監視を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
廃棄食品の転売 悪質業者の排除と監視を

 「CoCo壱番屋」の廃棄カツが産業廃棄物業者を通じて市場に出回った問題は、コンビニエンスストアの廃棄物など100を超える品目に「被害」を広げている。

 愛知、岐阜両県警の合同捜査本部が廃棄物処理法違反容疑で調べるとともに、環境省、農林水産省も検査を始めている。日本の食の安全と信用にかかわる問題だ。警察や国は、横流しの全容を徹底的に解明し、悪質業者を社会から排除してほしい。

 事件は、ごみを食品として売る産廃業者があり、それと知って買う食品会社があり、常識外の安値で転売され、消費者の口に入ったというものだ。法律以前の、許し難い背信行為である。

 発端は、壱番屋の女性従業員が愛知県内のスーパーで、チェーン店以外では売られるはずのない自社製品の冷凍カツを見つけたことだった。壱番屋はこの商品を、異物が混入した恐れがあるとして産廃業者に廃棄を委託していた。よもや店頭に並ぶことなど、想定していなかったろう。

 事件の背景に、まだ食べられる食品が大量に破棄される、日本の食事情があるとする解説もある。あくまでこれは、遠因であろう。現に店頭に並んだ冷凍カツには異物混入の疑いがあり、一部には溶けた商品もあったとされる。健康被害を伴う可能性があった。

「ニュース」のランキング