産経ニュース

【主張】宜野湾市長再選 基地移設を着実に進めよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
宜野湾市長再選 基地移設を着実に進めよ

 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市長選で、与党が支援する現職の佐喜真淳氏が再選を果たした。

 佐喜真氏が普天間の危険性除去を主張し、名護市辺野古への移設を否定しなかったのに対し、対立候補は移設に反対していた。

 危険性除去には、辺野古移設がより現実的だという判断が示された結果といえよう。

 もとより、日本の平和と安全を守る安全保障政策は、地方自治体ではなく国が担う。

 辺野古移設は日米両政府が交わした重い約束事である。日米同盟の抑止力を保つためにも、政府には引き続き移設を着実に進めてもらいたい。

 敗れた志村恵一郎氏は「県内移設によらない飛行場の閉鎖、返還を求める」と訴えていた。

 結果次第で辺野古移設がより困難になることも予想されただけに、佐喜真氏が勝利した意味は小さくない。

 最近の沖縄では、知事選、名護市長選、衆院選4選挙区で、いずれも移設反対派が当選した。翁長雄志(おなが・たけし)知事は、これが「沖縄の民意」だと主張し、移設再考を政府に迫っている。

「ニュース」のランキング