産経ニュース

【産経抄】異色の経営者夫婦 「CoCo壱番屋」に受け継がれるDNA 1月19日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
異色の経営者夫婦 「CoCo壱番屋」に受け継がれるDNA 1月19日

 宗次(むねつぐ)徳二さんと直美さん夫婦の波瀾(はらん)万丈の物語は、テレビドラマに十分なりうる。名古屋市内に開いた喫茶店が始まりだった。直美さん手製のカレーが評判を呼び、カレー専門店の出店を決意する。

 ▼客が辛さやライスの量を自由に選べるサービスなど、宗次さんのアイデアはことごとく当たった。店は順調に増え、やがて千店を超えるチェーンに発展する。宗次さんの人生は、単なるサクセスストーリーにとどまらない。

 ▼還暦を前にして経営から離れると、社会貢献活動に専念する。実の両親の顔を知らず、児童養護施設に預けられたつらい経験が、行動の根底にあった。平成19年には、二十数億円の資産を投じて、クラシック専用ホールを建設、世間を驚かせた。貧しい少年時代、テレビの音楽番組に慰められたからだという。

 ▼そんな異色の経営者夫妻が作り上げたカレーチェーン「CoCo壱番屋」の名前を、ここ数日新聞で見ない日はない。自社工場で作り、異物混入の疑いがある冷凍ビーフカツが、あろうことか、店頭で売られていたのだ。

「ニュース」のランキング