産経ニュース

【西海岸から】野茂の「トルネード」まねていた あれから20年、マエケン新たな挑戦

ニュース コラム

記事詳細

更新

【西海岸から】
野茂の「トルネード」まねていた あれから20年、マエケン新たな挑戦

 ドジャースの入団会見で笑顔を見せる前田健太投手=7日、ロサンゼルス(共同)

 米大リーグ、ロサンゼルス・ドジャースにプロ野球広島の「マエケン」こと前田健太投手(27)が入団した。「野茂(英雄)投手が活躍したとき、何歳でしたか」。本拠地ドジャースタジアムで行われた入団会見で、米国人記者からのこんな質問に、マエケンは「7歳。トルネード投法のまねをしていました」と答え、笑いを誘った。

 野茂氏が大リーグの強打者相手に続々と三振を奪い、新人王に輝いたのは21年も前のことだ。ドジャースの日本人投手も昨シーズンから広島に戻った黒田博樹投手(40)以来5年ぶり。ロサンゼルスのファンは久々の日本人投手の加入に盛り上がっている。

 ドジャースは公式ツイッターに、ファンが質問を書き込むと、マエケンが直接答えるサービスを始めた。「エルビス(・プレスリー)とビートルズはどっちが好き?」との質問に、マエケンは「エルビスって誰ですか」。「ロサンゼルスの日本食はどうですか」との質問には「グレート(すばらしい)」と絶賛し、何げないコメントも好評だ。

 トルネード投法から繰り出されるフォークボールが持ち味だった野茂氏の背中をみて育った野球少年は、スライダーを武器に同じ球団で大リーグのマウンドに立つ。「しっかり結果を残したい」。新たな挑戦が始まる。(中村将)

「ニュース」のランキング