産経ニュース

【主張】慰安婦日韓合意、本当にこれで最終決着か 韓国側の約束履行を注視する

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
慰安婦日韓合意、本当にこれで最終決着か 韓国側の約束履行を注視する

 日本軍が慰安婦を「強制連行」したとの誤解を広げた河野談話の見直しも改めて求めたい。こうした問題を放置したまま、10億円規模の新基金に政府の予算を投じることにも、日本国民の理解が得られるのか。疑問である。

 謝罪を繰り返す日本の譲歩が、問題の解決につながらなかったのは、アジア女性基金が韓国側に受け入れられなかった経緯をみても明らかである。

 《大使館前の像を撤去せよ》

 戦時徴用の問題を含めて賠償問題が蒸し返されるのは、韓国政府が日韓請求権協定について国民に十分説明してこず、不満が残ったことが原因だ。

 本来は、韓国自身が国内問題として解決すべきだった。

 在韓日本大使館前に設置された慰安婦像について、尹外相は「日本政府が公館の安寧、威厳の維持といった観点から懸念している」と言及したが、その撤去については「関連団体との協議を通じて適切に解決されるよう努力する」とするにとどまった。

続きを読む

「ニュース」のランキング