産経ニュース

【主張】ユネスコ記憶遺産 国益守る覚悟がみえない

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
ユネスコ記憶遺産 国益守る覚悟がみえない

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の政治利用は許さないという、日本の断固たる立場を表明できたとは思えない。

 馳浩文部科学相のユネスコ総会演説のことだ。ユネスコは中国が申請した「南京大虐殺文書」を記憶遺産に登録した。演説は、これに異議を唱える重要な機会だった。

 だが、馳氏は審査の「透明性向上」などを訴えるばかりで、中国への直接的な言及を避けた。極めて不十分な内容である。

 馳氏は「摩擦を生まないよう穏便に申し上げた」というが、反発を恐れる姿勢が、日本の名誉を損なう誤解、曲解を広げてきたのではないのか。

 同文書の記憶遺産登録は、南京事件の犠牲者数を「30万人以上」などとする中国の虚説を広げるもので容認できない。写真資料にも南京事件と関係のないものが含まれるなど、遺産に値しない。

 反日宣伝には、事実で適切に反論を重ねなければならない。

 肝心の総会の場で登録撤回を含め明言しなくては各国に受け止められる真剣さも問われよう。

「ニュース」のランキング