産経ニュース

【正論】石炭火力は「親の仇」なのか? 流行の口車に乗った温暖化対策論に振り回されてはならない 澤昭裕

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
石炭火力は「親の仇」なのか? 流行の口車に乗った温暖化対策論に振り回されてはならない 澤昭裕

 《無炭素電源の確保が重要》

 では、日本政府が最優先で考えるべき政策は何か。それは再エネと原子力という無炭素電源による発電量をどうやって確実に実現するかだ。化石燃料発電量を総体として規制しても、原子力が稼働しなかったり再エネの普及が間に合わなかったりすれば電力不足が起こるだけで、温暖化対策は当然後回しになるだけだ。そこで、無炭素電源の発電量を、常時一定量確保しつつ、さらに中長期的にも無炭素電源への投資を確実なものとしていくことが重要になる。

 自由化前の電力セクターであれば、大手の電力会社と政府が短期の供給計画や中長期の投資計画について調整しながら、政策的要請と経済原理を調和させていくことも可能だったろう。しかし、電力システム改革で、こうした「あうんの呼吸」は不可能になる。

 まずは、電力業界の自主的な温暖化対策への真剣な取り組みが大事だ。また、それを後押しするため、無炭素電源投資促進のための政策措置も検討すべきだ。電力取引市場が厚みを増してくれば、市場に流入する無炭素電源起源電力にはプレミアムをつけて引き取る仕組みを作ることも一案だ。

「ニュース」のランキング