産経ニュース

【新聞に喝!】朝日新聞はまだ牙をむくのか? 常識から乖離した副教材報道 門田隆将

ニュース コラム

記事詳細

更新

【新聞に喝!】
朝日新聞はまだ牙をむくのか? 常識から乖離した副教材報道 門田隆将

 ようやく「落ちつき」を取り戻してきた感がある。安保法制論議のことだ。

 マスコミ報道のヒステリックさがおさまり、それにつれて、明日にでも「戦争が始まる」という雰囲気が消えつつある。国会前に著名人がやってきて叫んだり、パフォーマンスを行う光景も、ぱたりと消え、労働組合や全学連などの幟(のぼり)が林立する中、「戦争法案」「憲法違反」「絶対、廃案」…を叫んでいた国会周辺の喧噪(けんそう)が、すっかり収まったのである。

 それを煽(あお)りに煽った一部のメディアにも、落ちつきが見られ始めた。毎朝の新聞紙面で、そのことを感じる向きは少なくないだろう。私はこれで、やっと「冷静な議論」ができるのではないかと期待している。法が成立してからでしか、落ちついた議論ができないのは、間違いなくこの国の不幸である。

 しかし、核ミサイルの脅威が増す北朝鮮や、尖閣を「核心的利益」と表現し、「必要ならば武力で領土を守る準備はできている」とまで広言する中国から、どう「命」と「領土」を守るのか、そして、国際社会の現実を踏まえた「自衛権の行使」の線引きをどこにするか、という極めて大切な問題について、感情論ではなく、冷静な議論がおこなわれることに期待する。

「ニュース」のランキング