産経ニュース

【主張】新国立の責任 これがけじめといえるか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
新国立の責任 これがけじめといえるか

 分かりにくい。これで責任の所在が明確になったといえるのか。

 2020年東京五輪のメーンスタジアムとなる新国立競技場の建設計画が白紙撤回された問題で、下村博文文部科学相が安倍晋三首相に閣僚の辞任を申し入れた。

 文科省の第三者委員会の検証報告書が公表されたことを受けたものだが、下村氏によれば、首相は「辞任には値しない」と述べ、「内閣改造まではしっかり務めてほしい」と慰留したのだという。下村氏も辞意を撤回した。10月改造を事実上の引責とし、誰も深手を負わない茶番劇としか映らない。

 下村氏とともに検証報告書に白紙撤回の責任を明記された日本スポーツ振興センター(JSC)の河野一郎理事長も9月末の任期満了で退任するが、「引責」については否定している。河野氏は引き続き、東京五輪組織委員会の副会長にとどまる見通しだ。

 下村氏は辞意の理由について、会見で「国民全体のムーブメントの先頭に立って盛り上げる立場の中で、それができなかったという政治的責任があると考えていた」と述べた。そうであるなら、旧計画が白紙撤回された時点で辞任すべきだった。

続きを読む

「ニュース」のランキング