産経ニュース

【産経抄】青酸ソーダの恐怖 8月18日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
青酸ソーダの恐怖 8月18日

 メッキなどに使われるシアン化ナトリウムは、青酸ソーダとも呼ばれ、毒性が強い。その存在が一般にも知られるようになったのは、昭和52(1977)年に起きた青酸コーラ事件からだろう。東京、大阪で高校生らが死亡した、無差別殺人事件である。

 ▼59年のグリコ・森永事件では、全国のスーパーに青酸ソーダ入りの菓子がばらまかれた。平成7年の地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教の関連施設からも、サリンの原料となる物質とともに、大量の青酸ソーダが見つかっている。

 ▼そんな危険な化学物質が、中国の大都市、天津の市民を恐怖に陥れている。当局は、12日深夜に爆発事故が起きた現場に、数百トンも保管されていた事実を認めた。現場に到着した李克強首相は、消防隊員を激励したり、病院に入院中の負傷者を見舞ったりと大忙しだ。

「ニュース」のランキング